中谷酒造株式会社HOME製品一覧・ご注文製品一覧・ご注文

全国新酒鑑評会 金賞受賞酒

平成26年 全国新酒鑑評会金賞受賞酒 720ml瓶詰大吟醸 アルコール15度

平成26年 全国新酒鑑評会金賞受賞酒 720ml瓶詰大吟醸 アルコール15度

岩手県産ひとめぼれ100% 
精米歩合35% 酸度1.2 日本酒度+3

全国新酒鑑評会金賞受賞については、
こちらの「大和の酒蔵便り」にも掲載しています。
ぜひ、ご覧ください。

販売は終了しました。



産経新聞5月24日朝刊

平成22酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞酒 720ml瓶詰大吟醸 アルコール15度

兵庫県産山田錦100% 精米歩合35% 酸度1.2  日本酒度+4
200本限定 木箱入と木箱無しの二種類を用意致しました。

販売は終了しました。

平成14酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞酒

最高の米に最高の技術。

高らかな香りは果物のように甘く、

酒は円やかで穏やかに口の中に広がり、

やがて綺麗に引いていきます。

酒の芸術品、日本最高の清酒。

原料米 兵庫県産山田錦 100%
精米歩合 35%
日本酒度 +4
酸 度 1.4


販売は終了しました。

受賞の意義について
平成15年5月23日午前10時31分、奈良県酒造組合連合会から受賞を報せるFAXが入りました。
悲願成就、中谷酒造は大きな喜びに包まれました。
この受賞は、中谷酒造にとっての意義もさることながら、清酒業界にとっても意義深いものです。
その理由は、杜氏(とうじ)と呼ばれる酒造り職人の長なしで受賞したことにあります。

8年前に設立した関連会社・天津中谷酒造有限公司では、日本から酒造り職人を派遣しないことを前提に酒造りの方法を検討し、徹底的な数値管理とマニュアル化でコンスタントに純米吟醸酒を造る方法を確立しました。

特に重要なのは麹作りです。洗米前の水分含有量の測定で目標吸水率を計算、吸水試験で目標吸水率までの時間を割り出し、秒単位で時間を計って正確な吸水を行います。吸水作業は10kgずつに小分けして行う手作業です。蒸米条件の一定化、設定温度での種麹散布と保温、センサーで状況を把握しながら昇温状況の経時管理と除湿、その為の設備導入(注)、これらにより均質な吟醸用麹をつくることが可能になりました。

一般の吟醸造りの手法も順守しました。純粋な酵母菌の拡大培養、目標通りの仕込温度、発酵管理も、もろみの濾過液を毎日分析し、そのデータを元に温度管理を行います。

注:多段式吟醸製麹システム
(株式会社ハクヨー 台東区上野1-10-9 木谷光伸社長)

写真:5/28鑑評会公開会場にて

6年前から弊社でも、中国で成功したこの方法の導入に動きました。
現在、若い二人の蔵人(くらびと、醸造技術者)と数人の作業員が忠実にこのコンセプトに沿って酒造りを行っています。

この度の受賞は、杜氏の熟練技術や経験、勘に頼らなくても、確かなデータさえあれば徹底的な数値管理とマニュアル化で日本最高の吟醸酒が造れることを証明したことになります。
ここに至るまで御支援・御指導下さいました皆様、心から感謝申し上げます。
これからも高品質の酒を、何よりもコンスタントに、提供して参ります。初心に帰って努力を続けて参ります。
これからも宜しく御支援・御指導の程、お願い申し上げます。 

代表取締役 中谷正人

蔵人の喜びの声

「いやあ、本当にうれしいです。たとえるならワールドカップで逆転ゴールを決めた気分です。」
たくさんの賛辞、激励、ありがとうございます。今回このような賞をいただくことができたのも、常に勉強できる環境をつくって下さった会社の方々と、応援して下さったみなさまのおかげだと思っております。ありがとうございました。

蔵人 喜多 正諭 (29歳)

 

「バンザイ!バンザイ!バンジョウ万歳!」
真心込めて造った清酒が高い評価を得られて大変うれしいですね。これからも皆様に愛される清酒を造っていきます。

蔵人 南舎 智 (30歳)

金賞受賞までの道のり
平成 9(1998)酒造年度 数値管理とマニュアル化での吟醸酒造りを実現するため、名匠高橋清杜氏を招聘、蔵人に基礎教育を施す。  
同氏の実力で、大阪国税局新酒鑑評会 金賞受賞
南部杜氏自醸清酒鑑評会 優等賞受賞
平成10(1998)酒造年度 高橋杜氏より引き続き指導を受ける。
平成11(1999)酒造年度 杜氏なしでの酒造りが始まる。
奈良県酒造組合連合会清酒品評会吟醸酒の部 優等賞受賞
出品にあたって、越後杜氏 村松良治氏の指導を受ける。
平成12(2000)酒造年度 完全に杜氏なしの酒造りに移行。
大阪国税局、奈良県酒造組合連合会共に品評会は行われず、全国新酒鑑評会のみに出品するも入賞せず。
平成13(2001)酒造年度 同上。
平成14(2002)酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞

PageTOP