やまと郡山の酒 萬穣・朝香・幻鷹

中谷酒造株式会社 
〒639-1117 奈良県大和郡山市番条町 561番地
Tel. 0743-56-2296 Fax. 0743-56-2464 E-mail. post@sake-asaka.co.jp


Vol.68 (’02/Feb.11)    
特集若社長の中国日記 

 
若社長のおもろい話、生きた中国情報。
       −−−これであなたも中国通に。

VOL.68 言葉の変遷 

1.冬の河北は極寒の地 

2.中国語で「冷えた」は 

3.河北の夏 

4.通じない? 

 ある時「落花生」が通じなくて困ったことがあります。指さすと、店員は「」を取って「花生」と言いました。「落花生」はこのごろ使われないようです。やっかいなことに殻をとったものを北京などでは「花生米」、天津では「果仁」と言うことを後日知りました。英語でピーナツは、殻が付こうが付くまいが、ニューヨークに行こうが、「PEANUT」ですが、中国では奥深いものがあります。天津には「果仁張」という豆菓子の有名ブランドもあるそうです。ご興味のある方はこの話しでも思い出しながら、どうぞ召し上がれ。


前号(Vol.67)  ☆次号☆ 「 Vol.69 「日本料理」に馴染む」 ('02/Mar./11掲載)
目次へ文頭へ戻る